女の人

健康を維持するのにおすすめな水素水の選び方とは?

活性酸素によるアレルギー

水を持つ人

期待される抑制効果とは

水素を体内に取り込むと、体内で過剰に発生する活性酸素を取り除き、アレルギー抑制効果が得られる期待があります。アレルギーは免疫反応を促進させる活性酸素の働きにより悪化しますが、花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状は水素の摂取で抑制出来ると考えられています。水素の摂取には水素水の飲用がおすすめですが、実際にマウスの研究では即時型アレルギーの症状改善に水素水の飲用が効果的だという結果が出ています。人においての機序はまだ正確に解明されていない部分もありますが、専門家が水素の摂取をおすすめしていることは間違いありません。アレルギーは免疫システムの過剰反応で起こりますが、アレルギーの原因となるアレルゲンが体内に入ると、抗体であるIgEが生成されます。このIgEが肥満細胞に付くと次にアレルゲンが侵入した時に抗原抗体反応が起こり、ヒスタミンなどの炎症性物質を放出します。ヒスタミンはアレルゲンを体外へ排出するためには必要な物質ではありますが、現代人は反応が暴走している状態であり、そのたびに多くの活性酸素が発生します。活性酸素は更に免疫反応を促進させ、更にアレルギー症状を悪化させるのです。水素水が特に効果を期待されるのは、花粉症などのような即座に反応が起こるアレルギー反応の抑制です。春先のスギ・ヒノキ花粉症はすでに日本の国民病ともなりつつありますが、症状に苦しむ多くの人が、医薬品ではなく水素水で症状を改善出来るならそれが一番でしょう。おすすめは日常的に十分な濃度のある水素水を継続飲用することですが、2015年までの分子状水素医学シンポジウムで推奨していた0.08ppm以上の水素濃度のあるものがおすすめです。